【硬式野球部】同大戦先勝で優勝へ一歩前進

{CAPTION}
 <写真・リリーフで好投を見せた西> 5月22日、わかさスタジアム京都にて令和3年度関西学生野球連盟春季リーグ戦対同大第1戦が行われた。
 関学は初回、中隈(法3)がいきなり二塁打を放ち、好機を演出するも後続が倒れ無得点に終わる。2回裏には、2死三塁から佐藤海(国3)が三遊間を破る適時打。1ー0と先制に成功した。先発投手の山本晃(経4)は3回まで0点に抑える危なげないピッチング。ただ、4回表に相手の主軸に連打を浴びて同点を許してしまう。反撃したい打線はその裏、石井雄(社2)と佐藤海がつないだチャンスに代打・石川将(総4)が送られる。打球は二塁手へのゴロで併殺かと思われたが失策を誘い勝ち越し。続く5回には大石(総4)の2点適時二塁打が飛び出し、4-1とした。7回裏には1死満塁から同大の今試合4つ目となる失策。5点目を挙げた。5回からマウンドに上がった西(文2)は同大の反撃を全く許さず。最後まで投げ切り、5イニングを1安打無失点の好投を見せた。これで対同大を先勝。リーグ制覇に向けて歩みを止めなかった。
【関学】山本晃、西-佐藤海
【同大】小倉、真野、遠藤、東山、阪上、西村-城下
試合後のコメント
杉園大樹主将(経4)「相手のエラーにも助けられた印象。グラウンド状態は悪かったが試合前から送球もカバーをできるように話し合っておいて良かった。また、投手も点を取られてもおかしくないところをしっかり抑えてくれた。あすも抑えて要所で得点を重ねて勝ちたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です