【硬式野球部】16失点の大敗で勝ち点の行方は第3戦へ

{CAPTION}
〈写真・本塁打を浴びた執行〉
5月16日、南港中央野球場にて令和3年度関西学生野球連盟春季リーグ戦対近大第2戦が行われた。
ここまで好投を続けてきた関学の先発・西(文2)は初回、制球が定まらず。3つの四球などで先制点を献上した。3回からは執行(経2)がマウンドへ上がるが近大打線の勢いは止まらない。5回に2死から連打と失策ののち、本塁打を浴びて一挙4失点。その後も失点は続き、投手陣は計16失点となった。一方の打線は絶好調の近大・久保を捉え切れず、6回まで無得点に抑えられる。だが、9点ビハインドの7回に杉園(経4)の1号ソロ本塁打が飛び出し反撃開始。続く髙波(経3)、石井雄(社2)の連打で好機を演出すると佐藤海(国3)が左中間へ適時二塁打。さらに中隈(法3)も適時打を放ち4点を返すが反撃もここまでだった。この敗北で近大との対戦成績が1勝1敗となり、リーグ優勝を左右する勝ち点の行方は第3戦に持ち越された。
【関学】西、執行、鈴木也(教3)、足達(社4)、山本晃(経4)-佐藤海、山田来(社4)
【近大】久保、小森、矢田、石井、寺沢-西川、大杉
試合後のコメント
杉園大樹主将「とにかく点を取られすぎた。相手バッテリーの調子、配球も良く厳しい展開になった。次戦はリーグ優勝を懸けた試合になる。大量得点は望めないので少ないチャンスで点を重ねて絶対に勝ちたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です