【硬式野球部】石井雄の勝負強さ光る3打点で近大に先勝!

{CAPTION}

〈3打点の活躍で勝利に貢献した石井雄〉
5月15日、南港中央野球場にて令和3年度関西学生野球連盟春季リーグ戦対近大第1戦が行われた。
初回から打線が奮起した。2死から大谷(法4)が中安打で出塁すると、杉園(経4)も四球を選び出塁。髙波(経2)が左安打を放ち1点を先制。満塁の好機で打者は6番・石井雄(社2)。近大・大石の5球目を振り抜いた。伸びた打球は左中間を抜け2点適時二塁打。持ち前の勝負強さを発揮し追加点を挙げた。続く2回には、黒原(社4)が内野安打、中隈(法3)が二塁打、大石(総4)が四球で出塁し満塁。3番・大谷(法4)の遊ゴロ、4番・杉園の二塁打、5番・石井雄の左安打と打線がつながり4得点。2回終了時点で7-0とし、序盤から近大を突き放した。5回には、中村(経4)が中安打で出塁。黒原の左安打で2死一、三塁とすると、1番・中隈が左安打を放ちさらに1点を追加した。 関学の先発・黒原は課題としていた立ち上がりから安定したピッチングを見せ、凡打の山を築いた。8回、内野安打と左中間への二塁打で2失点を許したが、9回のうち6回を三者凡退に抑える見事な力投。7安打2失点の完投で存在感を発揮した。 投打がかみ合った関学は、8-2と6点差をつけ快勝。目標とする優勝へ弾みをつけた。 次戦はあす、同会場にて対近大第2戦が行われる。
【近大】大石、小森、石井、小寺-大杉、西川 【関学】黒原ー佐藤海(国3)
試合後のコメント
杉園大樹主将「リーグ戦は再開しましたが、部員もスタンドに入れない、完全無観客での開催となりました。自分たちのためだけではなく、自粛をしている大勢の部員のためにも精一杯戦おうという話をしました。石井雄の勝負強さと黒原の力投が今日の勝ちにつながったと思います。残りの試合も全力で戦い、優勝という形で、『弱い関学』のイメージを払拭したいです」

tags:硬式野球

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です