【フェンシング部】フルーレ部門で男女ともに入賞果たす!

<写真・隙を見せないプレーでチームを率いた清水>
4月24日、大山崎町体育館にて令和3年度関西学生フェンシングリーグ戦(団体戦)が行われた。
きょう行われた関西学生フェンシングリーグ戦では、男女フルーレが1部に出場した。1回戦では、男子は愛工大と対戦。男子フルーレリーダーの瓜生(教4)を筆頭に、試合のペースを握った。終盤も攻め続け、45-39で勝利した。女子は、中京大と対戦。相手の隙を突くプレーで、終始リードする展開に。個人では点差を詰められる場面もあったが、45-34と完勝した。続く2回戦、男子は立命大と対戦。1巡目から一進一退の緊迫した状況に。粘り強いプレーを見せたが、終盤で相手に大きくリードを許し、37-45で敗北した。女子は朝日大と対戦。序盤から相手に大きくリードを許した。清水(商3)を中心に攻め続け、点差を詰めたが一歩届かず。44-45と1点差で敗北した。続く3回戦、男子は朝日大と対戦し、45-25で勝利。女子は龍大と対戦し、45-27で勝利した。4回戦、男女ともに同大と対戦。男子は28-45で敗戦し、女子は45-27で勝利した。最後の5回戦では、男子は龍大と対戦。45-35で勝利した。女子は立命大と対戦し、45-21と、男女ともに快勝。男子はリーグ3位、女子はリーグ2位という結果で試合は終了した。
コメント
男子フルーレリーダー瓜生「3位という結果についてはいい結果だと思う。しかしきょうの試合をした感じだと優勝してもおかしくない状況だったと思うので、少しもったいないと感じた。試合が進むにつれて本調子となる選手が多かったため、次からはそれをもっと早く出していきたい。次の関カレでは優勝を目指し頑張りたい」
女子フルーレリーダー清水「コロナにより十分に練習できておらず、初めてのメンバーで試合に出たなかで、2位という成績を取れてうれしかった。長時間での試合ということで、試合終盤では集中力が切れていた場面があった。しかし、初めてのメンバーとは思えないほどいい雰囲気で試合を行えたから良かったと思う。体力向上と技のレパートリーを増やして、次の関カレでは優勝を目指したい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です