【硬式野球部】黒原が被安打2で完封し立命大から勝ち点を奪う!

{CAPTION}
〈写真・好投した黒原〉
4月21日、南港中央野球場にて令和3年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第1節(対立命大第3戦)が行われた。
関学の先発・黒原(社4)は課題としていた立ち上がりから好投。カットボールなど変化球の精度が光り、立命大を封じ込めた。先制点が欲しい関学だったが、序盤は走者を出すも併殺が続き先制点を取り切れない。だが、5回裏に試合が動く。関学の先頭打者として打席に入った黒原が初球を右前に運び出塁。大石(総4)が四球、大谷(法4)が安打で続き、1死満塁とする。4番・杉園(経4)が押し出し四球を選び1-0。さらに髙波(経3)が死球、石井雄(社2)は四球と3者連続での押し出し。3-0とすると佐藤海(国3)がセンターへの犠飛を放ち4点目を入れた。その後の黒原も快調なピッチングが続き、9回を完封。昨年の京大戦以来自身2度目の完封勝利で許した安打は内野安打の2本だった。この勝利で第1節を2勝1敗とした関学は勝ち点を獲得。次戦に向けてさらに弾みをつける試合となった。
【関学】黒原-佐藤海 
【立命大】秋山、藤本、高井、村上ー藤原、市原
試合後のコメント
杉園大樹主将「黒原がよく投げてくれた。ベンチも元気があり良かった。立命大にはなかなか勝ち点を取れていなかったことと主将が高校のチームメイトということもあり絶対に勝ちたかった。まだ3節残っているので1試合ずつ頑張っていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です