【準硬式野球部】関大に連敗し小栁準硬終幕

<写真・引退を迎えた4年生たち>
4月16日、わかさスタジアム京都にて春季リーグ第5節第2戦が行われ、関学は関大と対戦。3-5で敗れた。これにてリーグ3位以下が確定し、4年生は引退となった。
 負ければ引退となる一戦。試合は初回から動いた。2番真鍋(経4)のヒットなどで、2死一、二塁のチャンスをつくると打席には5番芦田(経4)。2球目を完璧に捉えると打球はセンターオーバーの2点適時三塁打となり幸先良く先制した。先発マウンドには水(人2)。しかし、2回までに2点を失い同点に追いつかれた。関学打線は毎回のように出塁するが、得点につながらない。均衡破れたのは、5回。関大打線に4安打の集中打を浴び、3失点。2-5と3点リードを許した。何とか追いつきたい関学は8回、ヒットと四球などで無死満塁と長打がでれば同点のチャンスを迎えた。しかし、5番芦田の適時打による1点止まり。きょう最大のチャンスを生かせず、試合はそのまま3―5で終了となった。リーグ3位以下が確定し、4年生は引退。「全日出場」を掲げた小栁準硬の1年間が幕を閉じた。
試合後のコメント
小栁廉主将「長い間ともにプレーしてきた仲間たちと、もう野球をできないと思うと悲しい。結果については仕方ないと考えている。8回のチャンスの場面では自分が打たないといけなかった。約3年間こんなに密度の濃い時間を過ごせると思っていなかった。下級生時はなかなか勝てなくて、苦しい時間も多かった。しかし、最後の1年でリーグ優勝もできて良かったこともあった。最後の1年は全員で集まることもできなくて難しい1年だったが、それをプラスに捉えて行動していた。後輩たちには何を行うにしても考え抜いてほしいし、論理的に考えて欲しい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です