【準硬式野球部】まさかの逆転負けで春季リーグ3連敗

{CAPTION}

<写真・ベンチで指示を出す小栁>
 4月15日、わかさスタジアム京都にて春季リーグ第5節第1戦が行われ、関学は関大と対戦。試合を優位に進めるも終盤逆転され、2-5で敗れた。これで、春季リーグ3連敗。あす行われるリーグ最終戦に負ければ4回生は引退となる崖っぷちの状況となった。  春季リーグ2位以上を決定付けるためにも勝ちがほしい一戦。先に、試合を動かしたのは関学だった。菱谷(商4)の三塁打と小栁(教4)の四球で1死一、三塁のチャンスをつくると岡田(人4)の適時打で先制点を挙げた。先発のマウンドには上村洸(経4)を送り出した。4回、内野ゴロの間に1点を失うも粘り強い投球を披露。7回を1失点に抑えた。上村洸を援護したい関学は1-1で迎えた6回、橋本(商3)の左中間スタンドに突き刺さる衝撃的な本塁打で勝ち越しに成功。試合はそのまま進み、1点リードで迎えた8回からは稲益(社4)が登板。しかし、先頭打者に四球を与えピンチを招くと左前適時打を浴び同点に追いつかれた。稲益は9回も続投。先頭打者を打ち取ったものの、連打と四球で1死満塁のピンチを招き、左前適時打と犠飛で勝ち越しを許した。この回途中から登板した池端(経2)は最小失点でピンチを切り抜けた。最終回反撃したい関学だったが、三者凡退に終わり試合終了。2-5で敗北し、リーグ優勝の可能性は消滅した。
 次戦はあす同会場にて春季リーグ第5節第2戦が行われ、関学は再び関大と対戦する。
試合後のコメント 小栁廉主将「どうしても勝ちたい試合だったがこのような結果となり悔しい。上村洸はいい投球をしてくれ、助けられた。リードをしてから追加点を取りに行く姿勢を見せられなかった。(サードで先発出場した)大西は守備のミスはあったが好守でいいプレーを見せてくれた。あすに向けて変えることはない。最終戦、最後の意地を見せたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です