【総合関関戦】 第44回総合関関戦の中止が決定

Image.jpeg

<写真・第42回の閉会式後に記念撮影を行った両校体育会>

 4月13日、6月6〜13日に行われる予定であった第44回総合関関戦の中止が発表された。
 関西学院大学体育会と関西大学体育会が、良きライバルとして対戦し、親睦を深める「総合関関戦」。しかし、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、やむなく中止が決定された。1978年から始まった総合関関戦の中止は、麻疹が原因で取りやめとなった2007年の第30回、今年度と同じく新型コロナウイルスにより取りやめとなった2020年の第43回と合わせて3度目となる。
第44回総合関関戦実行委員長の井上まこ(国3)「「黎明」というスローガンを掲げ、新たな歴史を刻んでいこうと両校で一致団結して準備に取り組んでいたが、残念な結果となってしまった。各部の方々や本部の先輩・同期、大学関係者の方々に支えていただいたおかげで、ここまで開催に向けての準備を進めることができた。すべての方にお礼申し上げます。総合関関戦はこれからも歴史を刻んでいく行事。今回の準備は無駄には終わらないと思う。来年度は、今回の取り組みを糧に、よりパワーアップした総合関関戦をお届けできるよう、引き続き尽力する。コロナ禍に打ち勝った証としての来年度の総合関関戦をどうぞ楽しみにお待ちください」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です