【硬式野球部】投打かみ合い7年ぶりに関関戦で勝ち点獲得

{CAPTION}
〈写真・抜群のピッチングを披露した西〉
4月11日、阪神甲子園球場にて令和3年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第2節(対関大第2戦)が行われた。 3回まで無安打だった関学打線が、4回に本領を発揮した。大石(総4)が内野安打で出塁すると、パスボールで2塁へ進塁した。4番・杉園(経4)は四球を選び出塁。2死一、二塁の場面で、打者は今季好調の6番・石井雄(社2)。走者一掃の2点適時三塁打を放った。続く中隈(法3)も四球を選び出塁。8番・佐藤海(国3)の中前適時打で石井雄が生還し1点を追加した。さらに、1番・中村の内野安打で中隈が生還。一挙4得点を挙げた。 先発の山本晃(経4)は、1回と3回を三者凡退に抑え、安定した投球を見せた。しかし4回、四球で走者を出すと左安打、四球を許し満塁のピンチを迎えた。その後内野ゴロと犠牲フライで2点を返された。しかしながら、4回を投げ被安打1の好投を見せた。5回から登板した西(文3)は、6回に右安打、死球、四球で1死満塁のピンチを迎える。しかし、その後の打者を三振、右飛に打ち取りピンチを耐えしのいだ。5回から9回のうち、6回以外はすべて三者凡退に抑え、2点差を守りきり、試合終了。きのうからの連投とは思わせない抜群のピッチングを披露し、伝統の一戦での勝利に貢献した。
【関学】山本晃、西一佐藤海 【関大】定本、池本、桃尾、辰巳-久保田拓
試合後のコメント 杉園大樹主将「7年ぶりに関関戦で勝ち点が獲得でき非常に嬉しいです。西のきのう、きょうの力投が勝ちにつながりました。チーム全体としても1回から9回まで全員が試合にのめりこみ、集中できました。まだ勝ち点は1点です。気持ちを切り替えて、次の立命大との第3戦も必ず勝利したいと思います」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です