【重量挙部】 津村が自己ベスト更新で関西2位

<写真・練習不足の中2位に輝いた津村>
 4月10日、ベイコム総合体育館にて第36回関西学生選抜選手権大会が行われた。
   今年度最初の大会を迎えた重量挙部。関学からは73㌔級に津村(人4)が出場した。まず行われたのはスナッチ。1度目の試技で95㌔、3度目の試技では自己ベストを更新する101㌔に成功し3位となった。続いて行われたのはクリーン(C)&ジャーク。1度目の試技で115㌔に成功し、2度目の試技では自己ベストを更新する122㌔に成功した。さらなる記録更新を狙った3度目の試技では、126㌔に挑戦。失敗に終わるもこの種目2位に輝いた。トータル223㌔で総合順位は2位。3月上旬の大会後、2週間練習できない期間が続くも持ち前の調整力で銀メダルを獲得した。
試合後のコメント
津村圭祐主将「自己ベストを更新できて、素直にうれしい。試合に向けての準備は得意なので、自信はあった。スナッチで2度目の試技で落としてしまったことは残念。105㌔辺りまでは狙っていた。練習でも上げたことがない重量に挑戦したが、常にやることは変わらないという意識で試合に臨んだ。やっぱり試合は楽しいし、アドレナリンが出て普段以上の力を発揮できる場所。順位的にもメダル圏内は初めてなので、良かったと思う。今年度はラストイヤーとなるが、やるべきことをやるだけ。スナッチで110㌔、C&ジャークで140㌔を目標に頑張っていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です