【硬式野球部】大激戦制し、春季リーグ初勝利!

{CAPTION}
〈写真・勝利を喜ぶナイン〉
4月5日、わかさスタジアム京都にて令和3年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第1節(対立命大第2戦)が行われた。
打ち合いに競り勝った。関学の先発は西(文3)。2回に本塁打で1点を失うもその後は立て直した。すると、5回表には2死から打席に立った西が自らを援護する適時二塁打。ライトフェンスを直撃する、あわやホームランの当たりだった。さらに、代打・守山(法4)、大石(総4)もつなぎ満塁のチャンスで、3番・大谷(法4)もフェンス直撃の適時二塁打。一挙4点を挙げ、流れをつかんだかに見えたが裏の守りで立命打線につかまり、同点とされる。ただ、6、7回は鈴木翔(教3)が粘り、無失点。チームに勢いをもたらした。4-4で迎えた8回、関学は勝負に出る。1死二、三塁のチャンスに代打の髙波(経3)がライトへ適時二塁打。2点を追加すると、さらに代打の石川将(総4)も適時二塁打を放ち7-4とした。8回から登板した黒原(社4)は2点を失い、1点差まで追い上げられるも、最終回のピンチは防ぎ切り7-6で試合終了。これが、関学にとって春季リーグ初勝利となった。
【関学】西、山本晃(経4)、◯鈴木翔、黒原-佐藤海(国3)
【立命】藤本、村上、高井、●高塚、福田桃、塚原-藤原、市原
試合後のコメント 
杉園大樹主将(経4)「緊張する場面が多くあったが、勝ててほっとした。1勝が遠かったが、みんながつないでくれたおかげで勝てた。つなぐ野球はことしのチームカラーでもある。次の関関戦は勝ち点を取れるように頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です