【サッカー部男子】 リーグ記者会見にて今季の意気込みを語る

<写真・意気込みを語る本山>
 4月3日、オンラインにて2021年度第99回関西学生サッカーリーグ記者会見が行われた。1部リーグに所属する13チームの主将が集まり、今年度の目標や初戦への意気込みを語った。関学からは、本山主将(商4)が出席。関学を代表してリーグ戦への意気込みを述べた。
コメント
本山遥主将「今年のチームは下級生の頃から試合に出場している選手が多く、とても能力が高い選手が集まったチームになった。初戦の関大との試合は、単なるリーグ戦の1試合ではなくライバル関係にある一戦。絶対に負けられないという強い気持ちを持って戦いたいと思う。注目選手は山見(法4)、木村勇大(社3)、長尾(社2)の3選手。長尾は昨年度新人賞を獲得した中盤での展開力に優れたボランチ。山見と木村は、日本の大学サッカー界を代表をするアタッカーだと思う。今年のチームは日本一を目標に掲げている。関西学生リーグで3連覇が続いている大体大を止めて優勝できるように頑張りたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です