【準硬式野球部】投手踏ん張り、立命大に0-0で引き分け

{CAPTION}

<写真・丁寧な投球で好投した上村洸>
4月1日、わかさスタジアム京都にて春季リーグ第3節第1戦が行われ、関学は立命大と対戦した。延長11回まで行われ0-0の引き分け。厳しい試合展開を強いられるも、関学準硬は負けなかった。
春季リーグ4戦4勝で迎えた今試合。エースの上村洸(経4)が先発のマウンドに上がった。初回からコーナーに投げ分ける丁寧なピッチングで立命打線を翻弄(ほんろう)。4回まで完全投球を披露した。打線は3回、小栁(教4)のチーム初安打となる中前打でチャンスをつくるも、後続倒れ無得点。その後もチャンスで1本が出ずなかなか得点できなかった。好投を続けていた上村洸は7回、両足がつるアクシデント。しかし、真鍋(経4)の好判断にも助けられ無失点で切り抜けた。続く8回、9回もピンチを招くが気迫の投球で無失点。9回7安打無失点と先発の役割を十二分に果たした。上村洸を援護したい打線は2度の牽制死などミスも重なり得点できず、0-0で延長に突入した。10回からは稲益(社4)が登板。力強い直球で無失点に抑えた。打線は10回1死から小栁がこの日3本目の安打となる二塁打を放ちチャンスをつくるも代打の大西(人3)、矢野(法4)が凡退。続く11回も好投手の前に得点できず、0-0の引き分けで試合を終えた。
次戦はあす同会場にて春季リーグ第3節第2戦が行われ、関学は再び立命大と対戦する。
試合後のコメント 小栁廉主将(教4)「投手が頑張ってくれた。何とか点を取ってあげたかったが、相手投手を打ち崩すことができなかった。開幕からの連勝は4で止まったが、10戦あればそういうこともある。相手に押される展開が続いたので、なんとか耐えることができたという印象。ただ、牽制死など細かなミスが多かったところは大きく反省しないといけない。あしたからも試合が続く。一戦一戦を大切に戦いたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です