【スケート部フィギュア部門】 4年生6名が有終の美を飾る

<写真・4部女子の2位に入った神野>
 2月27日、大阪府立臨海スポーツセンターにて第20回関西学生フィギュアスケート競技大会が行われた。
 4年生にとって引退試合となる今大会。1日目のきょうは新人戦、4〜5部男子女子が行われた。本日引退を迎えたのは4部女子に出場した島本(総4)、神野(文4)、齋藤(法4)、中元(総4)、安藤(国4)4部男子に出場した後藤(理4)の6名。入場制限がある中、それぞれが会場中に感動を与える演技を披露した。
 あす、同会場にて大会2日目が行われ、関学から6名の選手が出場。山田主将(文4)がラストダンスを披露する。
試合後のコメント
神野友美(文4)「今日は振り付けを担当して下さった先輩に付き添いを頼みました。感謝の気持ちを届けられるような、パーフェクトな演技を目指していました。前回の大会では跳べなかった、ダブルフリップを成功できたことが嬉しかったです。(あす、出場する4年生へ)無観客試合でも画面越しにたくさんの同期や先輩、後輩が応援しています!最後の演技を笑顔で楽しんで!」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です