【陸上ホッケー部女子】聖泉大に惜敗し、秋季リーグ戦6位で4年生引退

<写真・SO戦でシュートを決めた白間主将>

 12月13日、立命館OICフィールドにて令和2年度関西学生ホッケー秋季リーグ戦5位決定戦が行われ、関学は聖泉大に0-0(2-3)で敗北した。
 全日本インカレで負けている聖泉大との対戦。拮抗(きっこう)した展開となった。第1クオーター(Q)13分、関学はペナルティーコーナー(PC)を獲得。しかし決めきれず第1Qを終える。第2Qは、関学有利で試合を進めるもなかなか得点できない。続く第3Q14分、関学は聖泉大にPCを与えるも相手のシュートを防ぎ無失点。最終Qも互いの粘り強い守りにより得点が生まれず、ホイッスルが鳴った。勝負の行方はシュートアウト(SO)戦へ。先攻は関学。1本目はFW白間(総4)が決めた。続く2本目は得点できず、聖泉大に連続得点を決められる。3本目はFW松矢(総2)が決め、GK牛若(経1)が得点を許さず2-2の同点とした。続く4本目、関学は得点できず再びリードを許す。そして後がない5本目、ゴールポストに嫌われ得点ならず試合終了。0-0(2-3)で敗北し、6位で秋季リーグ戦を終えた。
試合後のコメント
白間百華主将「6位という結果は悔しいが、インカレで負けた相手にSO戦までもっていけたことは良かった。みんなが粘り強く貪欲にプレーした結果だと思う。秋季リーグ戦は試合を重ねる毎に成長できた。この試合で引退となるが実感はない。後輩たちには自分たちが達成できなかった目標を達成してほしい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です