【アメリカンフットボール部】 日大に42-24で勝利し、3年連続31回目の学生日本一を決めた!

{CAPTION}
<写真・最優秀選手賞を受賞した三宅>
 12月13日、阪神甲子園球場にて三菱電機杯第75回毎日甲子園ボウルが行われた。関学は日大と対戦し、42-24で勝利。3年連続31回目の学生日本一に輝いた。  3年ぶりに「青」と「赤」が激突した。関学はレシーブで幕を開けた頂上決戦。ボールを受けた#21RB三宅(経4)が75㍎のビッグリターンを決め、スタンドを沸かせた。その後、エンドゾーンまで11㍎のところで#3QB奥野(商4)から#2WR梅津(社2)へのパスが通りタッチダウン(TD)。#16K永田(法3)のキックも成功し、幸先のよいスタートを切った。しかし、ここから日大の反撃が始まる。第1クオーター(Q)残り7分26秒で日大RB柴田が中央をすり抜けTD。キックも決まり7-7の同点となった。その後も日大の攻撃は止まらず、第1Q終了間際にエンドゾーン直前まで攻め込まれた。今度はパスでTDを許し、日大が逆転。しかし、関学も意地を見せる。続く第2Q、最初の攻撃でダウンを更新し続け、エンドゾーンまで13㍎。パスを受けた三宅が右オープンを走り抜け、鮮やかなTDを決めた。キックも成功で14-14。逆転したい関学は、前半終了間際にゴール前1㍎まで攻め入り第4ダウン。ギャンブルを選択し、#11WR大村(人4)が左オープンを突いてTD。キックも決め切り21ー14。前半終了間際には日大がフィールドゴール(FG)を狙うも不成功に終わり、7点リードで試合を折り返した。第3Q残り5分20秒、#27RB齋藤(総3)がゲインしゴール前3㍎へ。スナッパーからのボールを受けたのは三宅。WR、RBのブロッキングに守られそのままTDを決めた。永田の安定したキックがゴールポスト中央を通り抜け、28ー14。一気に点差をつけたように思えた。だが、日大も引かない。第4Qに移って日大の最初の攻撃、RB川上が78㍎独走TD。28ー21と迫られた。逃げ切りたい関学は、奥野から#4WR鈴木(人4)へのパスが2連続で成功。さらにエンドゾーンまで24㍎からの攻撃で、#1WR糸川(社2)へのTDパスが決まり35ー21。残り8分3秒には日大がFGを成功させ点差を詰められるも、関学の勢いは止まらない。試合時間残り4分46秒で三宅がリバースから右へ展開。そのまま53㍎を走り抜け、きょう3度目のTD。42ー24と再び突き放し、そのまま試合終了。見事勝利し、社会人王者への挑戦権を勝ち取った。  また、三宅が最優秀選手賞、奥野がチャック・ミルズ杯を受賞した。  次戦は1月3日、東京ドームにてライスボウルが行われ、関学は社会人王者と対戦する。
試合後のコメント 大村和輝監督「相手オフェンスには進まれるだろうと思っていたので、どこまで頑張れるかが勝負だった。日大はやはり力があるなという感じ。点の取り合いになったが、オフェンスはあれくらいできると思っていた。奥野も前回より頑張っていたし、三宅も良かった。鈴木海は勝負どころでちゃんと取ってくれて、奥野とのラインが機能していたと思う。OLが厳しい戦いになると思っていたが、今シーズンで一番頑張っていた。チームの力が左右される試合で、学生の力を出させることを考えていたのでホッとしている」
#39RB鶴留輝斗主将(経4)「このようなコロナ禍の中、いろんな人の力のおかげで甲子園という大舞台に来られた。観客がいる中で勝負できたことに感謝している。それとともに学生日本一という自分たちの目標を達成できたことをうれしく思う。昔から日大とはライバル関係。関学ファイターズを背負っているという意味で、絶対に負けられないという気持ちで臨んだ。チームは正直まだまだ未完成。反則やミスがあり、自分たちの求める最高の試合ができたかと聞かれるとそうではない。今後もう1戦できるチャンスをいただいたので、そこまでには突き詰めてやっていきたい」
#3QB奥野耕世「自分が最上級生で甲子園まで来れて、勝って日本一になれて良かった。あっという間の1日。ホッとして、良かったなという気持ち。日大はサイズが大きくて、スピードもあった。今までやってきたことを試合でやり続けたことが結果につながったと思う。ワイドユニットでオフェンスを進めていかなければいけない、パスで勝ちたいと思っていた。準備してきたことしか試合でできないので、どれだけ想定して練習ができるかに懸かっていた。いろんな方に支えられてアメフトを続けてこられた。元気な姿を見せることで恩返しになったと思う」
#21RB三宅昂輝「ボールを持ったら独走したいと思っていて、1発目からロングゲインでオフェンスに流れを持っていけて良かった。立命大戦でランがでず、パスに助けられたのできょうはランを通してRBで勝つと決めていた。3年前のリベンジができて借りを返せたと思う。託されたプレーを全うするということが関学のRBの良いところ。甲子園ボウルで賞を取ったことがなかったので、MVPはうれしい。ライスボウルでも独走する」
#4WR鈴木海斗「勝てたことはもちろんだが、きのうのミーティングで4年生全員が『奥野を日本一のQBにしたい』と話していたので、それができてうれしい。土のグラウンドではとても滑った。第4Qは芝の方に攻められたので、安心した。勝負どころの強さは毎日の練習の成果。関学のWRとしてプレーするのはあと少しだが、今思うとあっという間だった。あと1試合しか青のユニフォームを着られないと思うとさみしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です