【ラクロス部女子】同大との最終戦に敗北

{CAPTION}

<写真・中盤でボールを運ぶ船江>
 11月23日、ヤンマーフィールド長居にて関西学生ラクロス2020特別大会の最終戦が行われ、関学は同大と対戦。4-10で敗北した。
 強さを見せつけられた。第1クオーター(Q)から同大がボールを支配。課題の立ち上がりから失点し、立て続けに3失点を喫する。第2QはMF船江(人4)らがボールを持ち、攻撃を仕掛けたが無得点に終わる。G今出(教2)がナイスセーブを見せるなど懸命に守ったが、さらに5失点。0-8と大差で前半を折り返した。反撃したい関学だが、MF北浦(法3)やAT秋川(商2)の攻撃は惜しくも相手ゴーリーに阻まれる。第3Qにも2失点し、一時は10点差を付けられる苦しい展開となった。それでも、同14分に北浦がチーム初得点。1-10とした。第4Qは攻勢に出た関学。12分に北浦とMF板敷(経3)が得点、14分には北浦が自身3得点目を挙げた。しかし反撃もこれまで。4-10と攻守ともに同大の強さを痛感する結果となった。また、今試合が4年生にとっての最終戦となった。
試合後のコメント 船江彩夏主将「勝っても負けても全員でできる最後の試合だったが、負けてしまい甘さや弱さがあるのだと実感した。今までやってきたことはどこにも負けないという自信がある。全員で前向きに取り組んだからこそ、このチームで勝ちたいと思えた。1、2、3年生は絶対に笑って終われるよう、突き詰めてほしい。まだ1年生の試合があるので4年生が残せるものは全て残したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です