【陸上ホッケー部女子】 中京大に惜敗し、秋季リーグ初黒星

 <写真・得点を喜ぶ土屋>
 11月22日、グリーンランド瑞穂にて令和2年度関西学生ホッケー秋季リーグ戦第3戦が行われ、関学は中京大に1-2で敗北した。
   第1クオーター(Q)から拮抗(きっこう)した展開となった。試合が動いたのは6分。相手にペナルティーコーナー(PC)を与え、失点した。第2Qは、何度かサークル内に攻め込むも得点につながらず。0-1で前半を終えた。第3Qは8分にPCを獲得。シューターのMF土屋(商3)がゴールし、同点に追いついた。だが、残り10秒の場面で失点し、1-2で第3Q終了。迎えた最終Qは積極的にボールを回し、攻撃を仕掛けたが、得点とはならず。1-2で中京大に敗北した。
 次戦は11月29日、立命館OICフィールドにて同大会第4戦が行われ、立命大と対戦する。
 

試合後のコメント
白間百華主将(総4)「悔しい。ボールポゼッションは関学が勝っていて、相手より攻めていたのに勝てなかったのはチャンスをものできなかったからだと思う。審判のせいにはしたくないが、笛がなるまでプレーを続けることが重要だと感じた。もっと落ち着いてプレーをしないといけない。次戦の立命大戦は絶対勝ちたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です