【バレーボール部男子】 天理大に快勝し、全日本インカレへ望みつなぐ

{CAPTION}
<写真・要所で得点を重ねた久永>
 10月25日、2020年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ戦第4戦が行われた。関学は天理大と対戦し、セットカウント3-1で勝利した。  第1セットから白熱した勝負を繰り広げた。WS岸本(国4)、MB久永(文1)らを中心に得点を重ねた関学。中盤には、MB尾曲(教2)のサーブから相手を崩し、WS髙山(経2)の強烈なスパイクで得点。徐々に相手を関学のペースに巻き込んだ。最後は相手のミスを誘い25-23。貴重な第1セットを獲得した。第2セットは髙山が先制点を挙げ、WS瀧川(人2)のスパイクで相手もたまらずタイムアウト。その後は拮抗した戦いが続きデュースにもつれ込むも、最後は瀧川が2連続得点を決めセットを連取した。続く第3セット、暗雲が立ち込める。岸本のサーブが冴え渡るも、後が続かず。途中出場の選手たちがチームを盛り上げるも、最後は相手の勢いにのまれ24-26でセットを落とした。運命の第4セット。序盤から一進一退の攻防が続き、手に汗握る展開に。両者一歩も譲らず、またもデュースにもつれ込んだ。ミスからの失点を許すも、最後は逃げ切り28-26。セットカウント3-1で、天理大との長い戦いを制した。  次戦は10月31日、第5戦が行われ、関学は大産大と対戦する。
試合後のコメント 池畑将央主将(商4)「勝ててよかった。相手のエースに上手く対応し、きのうよりもつなぐバレーが展開できていたと思う。きょうの結果で1部Bブロック4位以上が確定し、全日本インカレへの挑戦権は得られた。次戦まで時間は少ないが、練習から4年生が引っ張る雰囲気を作って頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です