【陸上競技部】 関西インカレ3日目、男子は総合1位をキープ

{CAPTION}

<写真・男子5000㍍で優勝した沖見>
 10月21日、ヤンマーフィールド長居にて第97回関西学生陸上競技対校選手権大会トラック&フィールドの部3日目が行われた。  関西インカレも折り返しのきょう。女子200㍍では橋本(教2)が準決勝に進出するも8着。男子200㍍予選では3人が出場したが、予選敗退となった。女子800㍍予選で山崎(文1)が出場。3着だったが、決勝進出とはならず。男子800㍍予選では一ノ宮(商3)が1着。決勝に駒を進めた。男子400㍍H予選に細田(社4)ら3名が出場。しかし、上位に食い込むことはできなかった。女子5000㍍決勝では青木(法2)が3位と好成績を残した。男子5000㍍決勝は沖見(社4)が見事、1位でフィニッシュ。足達(社4)と酒井(教3)は男子走幅跳でそれぞれ2位と6位で入賞した。男子円盤投の北山(法3)は12位。男子4×400㍍R予選は1位で決勝進出を果たした。これらの結果で、男子の総合順位は95点で1位。女子は28点で4位となった。  あすも同会場で同大会4日目が行われる。
試合後のコメント 細田一成主将「きょうは予選や決勝があり、混戦した1日だった。自分自身は予選で敗退してしまい、主将としての姿を見せることができなかった。悔しいがまだまだチームメイトの種目は残っているので、全力で背中を押してあげたい。また、男子5000㍍では優勝、走幅跳では準優勝と6位、女子5000㍍では3位と良い成績を出すことができた。あすは最終日。全力でぶつかるのみ。応援よろしくお願いします」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です