【準硬式野球部】 阪大に競り勝ち無敗で秋季リーグを終えた

<写真・優勝旗を手に笑顔を見せる部員たち>
 10月21日、鳴尾浜臨海野球場にて順延となっていた令和2年度秋季リーグ戦第4節第2戦が行われ、関学は阪大と対戦。4-3で勝利した。
 無敗で迎えた最終戦、関学は水(人1)をマウンドに送り出した。1回、テンポの良い投球で三者凡退に抑えた。だが2回、先頭打者に四球を与えるなど、無死1塁3塁のピンチを招くと犠飛により失点を許した。続く3回には適時二塁打を浴び1点を失った。水を援護したい打線は相手投手を前に4回まで得点を奪うことはできなかった。しかし5回、2本の安打などで1死満塁のチャンスを作ると榮阪(経3)が犠飛を放ち1点を返した。そして続く菱谷(商3)の適時打で同点。試合を振り出しに戻した。迎えた7回、関学は相手のミスと菱谷のこの日2本目の適時打で逆転。一方守備では、6回から水に代わってマウンドに上がった稲益(社3)は毎回ランナーを背負うも粘りの投球で8回まで無失点に抑えた。関学2点リードで迎えた9回、稲益は2本の二塁打により1点を返された。しかし、最後の打者を三振に抑え4-3で関学が勝利を手にした。山本(文3)が女子選手として史上初めて関西六大学野球リーグ戦に出場するなど、普段出場機会のない選手も出場。今季は8勝2分けで秋季リーグ戦優勝となった。
試合後のコメント
小栁廉主将(教3)「きのうに引き続き波に乗れなかった。先週までなら抜けた打球をきょうは捕られる場面もあった。だが。前半のうちに追いつけたことは良かったと思う。ただ、防げたミスがあったことも事実。きょうは普段出ない3年生が出場した。8月から練習でも頑張っていたので、なんとか出場機会を与えたいと考えており起用できて良かった。次は2週間後に関西選手権がある。大きな成長は見込めないが、細かなミスは改善していきたい。関西六大学の代表として、誇りを持ち戦う」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です