【準硬式野球部】 菱谷の本塁打で追いつくも、阪大に引き分け

<写真・本塁打を放った菱谷(右)>
 10月20日、鳴尾浜臨海野球場にて順延となっていた令和2年度秋季リーグ戦第4節第1戦が行われ、関学は阪大と対戦。2-2と引き分けとなった。
 前節、秋季リーグ戦優勝が確定した関学。王者として負けられない一戦は、関学が先攻で始まった。初回、相手投手の四球から山﨑辰(総2)の犠打で進塁。さらに芦田(経3)の安打で得点のチャンスをつくるも、あと一本が出なかった。対する裏の守りは、山田武(商2)が三振を奪うなど三者凡退。上々の滑り出しとなった。だが、その後は一進一退の攻防戦が続き、拮抗(きっこう)した展開に。4回、立岩(文1)が二塁打を放つも後が続くことができず。その裏、山田武が立て続けに安打を浴び、先制点を許した。反撃したい関学は8回、1死から芦田が左前安打を放つと、代走の真鍋基(経3)が相手のミスにより進塁。さらに矢野(法3)が適時打を放ち、同点に追いついた。だが、その裏に相手の適時打で勝ち越しを許してしまう。最終回、後がない関学は2死走者なしの場面で代打の菱谷(商3)に託すと、左方向への本塁打で同点に。最後は池端(経1)がしっかり抑え、無失点。阪大相手に勝ち越すことはできず、2-2の引き分けで試合を終えた。
 次戦はあす、同会場にて順延となっていた同大会第4節第2試合が行われ、関学は阪大と対戦する。
試合後のコメント
小栁廉主将(教3)「きょうは普段試合に出ていないメンバーを起用し、臨んだ試合だった。だが、最後の1本がでてこず、苦しい試合展開となってしまった。相手に先手を打たれてしまい、こちらがやられている場面が多かったのが悔しいところ。きょうは、戦術面がはまらなかったのも勝ち越すことができなかった要因。その中で、最後の菱谷の本塁打には本当に助けられた。あすは、リーグ戦の最終戦となる。関西選手権も控えているので、次につながる試合がしたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です