【硬式野球部】石丸が1失点完投勝利で秋季リーグ戦2勝目を挙げる

{CAPTION}

<写真・完投した石丸>

10月18日、ほっともっとフィールド神戸にて令和2年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第6節対京大第1戦が行われ、2-1で勝利した。  最後まで粘り切った。先攻の関学は初回、1番に入った中隈(法2)が安打で出塁すると続く中村晴(経3)が左越え適時三塁打。さらに大谷(法3)も犠飛で続き、2点を先制する。関学の先発投手は石丸(商4)。立ち上がりを三者凡退で打ち取るとその後も安定した投球。2回に犠飛で1点を失うが最小失点にとどめる。追加点を狙いたい関学だったが打線がつながらず。初回以降得点することができない。終盤に入り、疲れがみえた石丸だったが要所を抑え1失点完投。自身、チーム共に今季2勝目を挙げた。
次戦は10月19日、同会場にて第6節対京大第2戦が行われる。
【関学】石丸-佐藤海(国2) 【京大】原、水江-長野

試合後のコメント

原暁主将代理(経4)「接戦をものにできたことは非常に大きい。バッテリーを中心に守備面は良く守ってくれた。しかし、攻撃面で2回以降は無得点だったので、しっかり修正して必ず2連勝したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です