【スケート部スピード部門】 全日本インカレ代替大会で実力を発揮

〈写真・全国4位となった三村〉
 10月18日、長野県帝産アイススケートトレーニングセンターにて2020全国大学ショートトラック競技会が行われた。
 全日本インカレの代替大会である今大会。例年より参加大学は減少し、大幅に日程が短縮されて行われた。競技は女子1500㍍からスタートした。中村(商4)と今西(文4)が決勝に進出。中村が6位、今西が7位となった。男子1500㍍では三村(法4)が決勝Aに進出し、全国4位と好成績を収めた。続く女子500㍍では、冨田(理4)が決勝Bに出場。最下位となったが、最後まで全力で滑り抜いた。続いては女子1000㍍が行われた。今西が決勝Bに進出し、格上を相手に健闘。男子1000㍍では三村と吉田(人4)が出場したが、惜しくも決勝には進出できなかった。
試合後のコメント
吉田啓人主将「練習不足の中でも今持っている実力は出し切れた。なんとか一つでも上の順位にいこうという姿勢が見られたことが良かった点。反省点としては他大学に比べて練習が足りていなかった。スポーツは準備が大事。少しずつレベルアップしていって、これからの試合でベストを尽くせるようにやっていきたい。次戦は西日本選手権となる。オリンピックが近づいてきているので全体的にレベルが高い。日本代表の経験者のような選手とどう戦っていくか。くらいついて一つでも上の順位を狙って、全日本選抜へ出られるよう全員が気を引き締めて頑張っていきたい」
全国4位となった三村浩晃「諦めずについていくことができた。普段しっかりやってきたことが前の選手が転倒したりと運も味方にして結果につながった」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です