【ラクロス部女子】初戦を16得点で快勝

{CAPTION}

<写真・得点し、喜ぶ板敷>  
 10月17日、J-GREEN堺にて関西学生ラクロス2020特別大会が行われた。関学は神大と対戦し16-8で勝利した。  先制点を取り流れに乗りたい関学。第1Q最初のプレーでMF板敷(経3)が敵陣に切り込み、シュート。これが決まり幸先のよい立ち上がりかと思われたが、1分後にはファールから失点。それでも板敷が計5得点。勢いをもたらし、AT稲角(文4)、AT秋川(商2)、MF北浦(法3)ら攻撃陣が得点を重ね、終わってみれば16得点。今試合はベンチ入りメンバーを全員起用するなど総力を挙げ勝利をもぎ取った。  
船江彩夏主将(人4)「2020年度チームの初試合で、勝てたことはとても良かった。ただ、ディフェンスはファールでの失点、オフェンスは決め切れずターンオーバーを食らうなど課題も見られた。途中出場のメンバーは勝利に対する気持ちの見えるプレーをしていた。チームでも個人でも課題を克服していきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です