【準硬式野球部】 ルーキー池端が完全試合達成! 投打が噛み合い神大に2連勝

<写真・完全試合達成のウイニングボールを手に笑顔を見せる池端と捕手の岡田(左)>
 10月1日、南港中央野球場にて令和2年度秋季リーグ戦第3節第2戦が行われ、関学は神大と対戦。6-0で勝利した。きょうが公式戦初先発の池端(経1)は完全試合を達成。投打が噛みあい、今節は2連勝となった。
 1人のランナーも出さない完璧なピッチングを披露した。試合は神大が先攻、関学が後攻で幕を開けた。この日の先発は公式戦初先発の池端。初回から打たせて取るピッチングで凡打の山を築いた。バックも守備で奮闘。難しい当たりもアウトにし、池端を援護した。打線は1回、5番藤原(商3)の適時二塁打で2点を先制。3回にも1点を追加した。6回には、真鍋(経3)の適時二塁打などにより3点を追加し、パーフェクトピッチングを継続する池端に援護点をもたらした。池端は回を追うごとに安定したピッチングを披露。9回打者27人を完璧に抑え、完全試合を達成した。チームは6ー0で勝利し今節を2連勝で終えた。
 次戦は10月5日、萩谷総合公園野球場にて秋季リーグ戦第2節第2試合が行われ、関学は同大と対戦する。
試合後のコメント
小栁廉主将(教3)「きょうは継投を考えていたが、池端がよく投げ抜いてくれた。試合前、『思いっきりやったらいい』と声を掛けたが、期待以上だった。きのうの水(人1)に引き続き、1年生が頑張ってくれた。いい経験にしてくれたらと思う。次節以降も、スタイルは変えずにミスが出たとしてもみんなでカバーしてやっていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です