【硬式野球部】 2点リードを守り切れず敗戦

{CAPTION}<写真・適時打を放つ髙波>

9月27日、ほっともっとフィールド神戸にて令和2年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第4節(対同大第2戦)が行われた。連勝を狙う関学はきのうの勢いそのままに初回から中隈(法2)が出塁すると、髙波が適時打を放ち1-0。先制に成功する。3回には相手のミスにつけ込み追加点。リードは2点となった。だが、その裏に先発の山本晃(経3)が被弾。後を受けた投手陣もそれぞれ失点してしまう。1点ビハインドで迎えた8回の攻撃では、三塁打で出塁した中隈を髙波が2本目の適時打で返し同点とする。しかし、四番手の鈴木翔(教2)が失点し3-4と再び勝ち越され、これが決勝点。秋季リーグ戦2勝目とはならなかった。

次戦は10月17日、同会場にて第6節対京大第1戦が行われる。

【関学】山本晃、執行(経1)、原暁、●鈴木翔ー佐藤海(国2) 【同大】東山、髙橋佑、道端、◯都築、西村-城下、栗林

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です