【弓道部女子】 関大に敗北し、開幕連勝を逃す

<写真・狙いを定め、弓を引く高谷女子主将>
    
 9月26日、関西学院大学弓道場にて地区推薦大学弓道大会第2週目が行われた。関学は関大と対戦し、47中ー57中(全80射)で敗北した。
 弐的にルーキーの新田(社1)を抜擢し迎えた今試合。中盤まで、僅差を追いかける展開が続き、2立目を19中ー20中(全32射)で終えた。続く3立目、4立目ともに大前の葛城(人3)が皆中。その後も集中力を保ち矢を射ったが、皆中率の高い関大には及ばなかった。後半で突き放された関学は47中ー57中(全80射)で敗北し、開幕連勝を逃した。
    次戦は10月4日、同会場にて第3週目が行われ、関学は大経大と対戦する。

試合後のコメント
高谷果歩女子主将(教4)「苦しい戦いとなったが、最後まで諦めず粘り続けた。これは、今後につながるいい経験になったと思う。きょう感じた悔しさをバネに、全員で切磋琢磨し、次の試合では必ず勝利をつかみ取る」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です