【硬式野球部】大接戦制し、秋季リーグ戦初勝利!

{CAPTION}<写真・サヨナラ打を放った石井雄>

9月26日、ほっともっとフィールド神戸にて令和2年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第4節(対同大第1戦)が行われた。  関学の先発、石丸(商4)は安定した投球で同大打線を抑え込む。スコアボードに0を重ね、打線の援護を待った。打線は同大の髙橋恭に苦戦。5回に佐藤海(国2)が初安打を放つ。その後も安打は出るが、得点には結びつかない。0-0で迎えた最終回、ついに同大に先制を許す。しかし、続くピンチで中堅の中隈(法2)が背走でナイスキャッチ。追加点は許さなかった。9回裏の関学は中隈が安打を放ち2死二塁のチャンス。ここで髙波(経2)が相手の失策を誘い、走者生還。1-1の同点とした。タイブレークでも石丸が続投。粘りを見せ、最小失点に留めた。好投に応え、絶対に勝ちたい関学。代打の石井雄(社1)が右中間を破るサヨナラ適時二塁打。逆転で大熱戦を3-2で制した。この勝利が秋季リーグ戦での初勝利となった。  次戦はあす、同会場にて第4節対同大第2戦が行われる。
【同大】●髙橋恭-栗林 【関学】◯石丸ー佐藤海

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です