【カヌー部】 全日本インカレ2日目、女子のレースも開始し、下級生が健闘!

<写真・全国2位となった川口・瀬並組>

 9月20日、石川県木場潟カヌー競技場にて第56回全日本学生カヌー選手権大会2日日が行われた。本日から女子のレースが始まり、下級生の活躍が目立った。女子カナディアン決勝ではシングルスで川口(人2)が3位でフィニッシュ。また、ダブルスでは川口・瀬並(人2)組が2位となった。{WKー2}500㍍決勝では川上(総4)・馬場(人1)組が3位入賞。女子カヤックのシングルスでは細見(総2)がA決勝に進出し、7位と大学始めながら経験者を相手に健闘した。フォアは男子が3位、女子が5位となり、実力を出し切った。

 次戦はあす、同会場にて同大会3日目が行われる。

本日の主な成績は以下の通り。

{WKー2}500㍍決勝

3位川上・馬場組

8位上杉(商2)・宮内(商2)

{Kー1}1000㍍決勝

A決勝

8位東山(経3)

B決勝

1位宇佐美(社3)

6位藤井(総4)

{Kー4}1000㍍決勝

3位石田(経4)・大山(文3)・谷口(文2)・酒井(商2)組

{WCー2}500㍍決勝

2位川口・瀬並組

{WKー4}1000㍍決勝

5位川上・細見・西條(経1)・馬場

{WCー1}500㍍決勝

3位川口

{WKー1}500㍍決勝

A決勝

7位細見

B決勝

1位西條

試合後のコメント

石田隼平主将(経4)「きょうは決勝が多くあったので、それぞれみんなベストを出せた。{WKー1}で500㍍のA決勝では細見がしっかり自分の実力を出せた。大学始めでA決勝に行くのはすごい。相手は経験者の上級生ばっかりだったが、健闘していて素晴らしい。あすはリレーがあり、自分自身がシングルで出る最後のレースとなるので力を出し切りたい。また、200㍍も始まるので、出る選手は実力を爆発させてほしい」

川上真裕子女子リーダー「きょうの女子のスタートは流れをつくることができてよかった。フォアの結果は力は出し切ったが、みんな納得はしていない。決勝には2年生が多く上がっているので、来年以降が楽しみだ。あすは200㍍が始まるので、最初から流れをつくっていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です