【硬式野球部】 一時はリードするも、終盤に逆転を許し敗北

{CAPTION}

<写真・適時三塁打を放った大石>
9月13日、皇子山球場にて令和2年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第2節(対近大第2戦)が行われた。 勝利まであと少しだった。先攻の関学は2回に杉園(経3)、4回に大石(総3)が安打を放つも得点にはつながらず。1点ビハインドで迎えた5回。佐藤海(国2)、代打の守山(法3)が連続で安打を放つと中村晴(経3)が四球で出塁し、満塁のチャンスを迎える。すると、大石の犠飛で同点に。さらに大谷(法3)の適時打で1点を追加し、逆転に成功する。再び猛攻を見せたのは7回。1死一、二塁の場面で大石が適時三塁打を放ち、一気に2人が生還した。さらに今試合2本目の大谷の適時打でさらに1点を追加。7回表終了時点で5ー1と近大を突き放した。一方、関学の先発は山本晃(経3)。1、2回を三者凡退に抑えた。だが3回に3本の安打を浴びて先制を許しマウンドを降りた。継投したのは原暁(経4)。満塁のピンチを迎えるも得点は許さなかった。続いて投げたのは鈴木翔(教2)。5、6回は順調に守るも、7回に二塁打を含む計4本の安打を浴び、2点を失った。2点差に迫られ、これ以上の失点は抑えたい関学。8回からは黒原(社3)がマウンドへ。3連続安打、さらには死球で満塁のピンチを招く。そこへ適時二塁打を放たれ一挙に3失点。逆転を許し勝利を逃した。5ー7で敗北した関学は2節連続勝ち点を奪えていない。 次戦は9月26日、ほっともっとフィールド神戸にて第4節対同大第1戦が行われる。
【近大】大石、一文字、寺沢、○小寺、久保ー井町 【関学】山本晃、原暁、鈴木翔、●黒原ー佐藤海
試合後のコメント 岩井基泰主将(商4)「負けが続き皆悔しい思いをしていた中で、今日はより一層チームから勝ちたい気持ちを感じていた。雰囲気も良く、ゲームをうまくつくれていたが、終盤で詰めの甘さが出てしまった。しっかり勝負はできているので、次の試合までの2週間で、反省すべき点はしっかり反省して、良い点は継続できるように練習に励み、同志社戦に臨みたいと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です