【編集部】 報知コンテストで5年ぶりに最優秀賞を獲得! 原稿賞は4年連続の受賞

  <写真・表彰式後、トロフィーと表彰状を掲げる編集部員>
   1月11日、読売新聞大阪本社にて第13回ナジック杯大学スポーツ新聞コンテストが行われた。今大会では原稿賞、企画賞、写真賞、レイアウト賞の4部門で審査。関学は、拳法部・塩谷(人1)の全日本Vが1面の第258号で原稿賞を受賞した。同部門を受賞するのは、4年連続。さらに、4部門の受賞校の中から選ばれる最優秀賞(ナジック杯)を5年ぶりに獲得した。表彰式前には、ボクシングWBC世界ライトフライ級7連覇中の寺地拳四朗選手によるトークショーが行われ、会場は大いに盛り上がった。
表彰結果
・原稿賞
関学
・企画賞
東洋大
・写真賞
近大
・レイアウト賞
明大
・ナジック杯
関学
表彰式後のコメント
玉越裕基編集長(経3)「最優秀賞であるナジック杯を受賞することができて、すごくうれしい。紙面全体の総合力が評価されたので、みんなの自信につながったと思う。ただ、まだ課題もあるので、今後さらに成長できるように頑張りたい。そして、より多くの方に関学スポーツを読んでいただければうれしい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です