【重量挙部】 倉本と本郷が3位入賞 団体3位で終幕

<写真・C&ジャークで131㌔を成功させた倉本>

 12月14日、大阪府はびきのコロセアムにて第67回関西学生ウエイトリフティング選手権大会の最終日が行われた。 
   最終日のきょうは、73㌔級からが行われ、関学から8人が出場した。73㌔級では4年生の小畑(法4)が底力を見せた。スナッチとクリーン(C)&ジャークともに2度目の試技までは失敗が続く。だが、追い詰められた状況からいずれも3度目を成功させ、トータル221㌔で終えた。続いて行われた81㌔級では、宇崎(法2)が前回の全日本インカレよりも4㌔アップのトータル240㌔の記録を残す。89㌔級では、倉本(法4)が持てる力を出し切った。スナッチで自己新記録タイ、C&ジャークでは自己記録を1㌔上回る131㌔を成功させ、3位入賞となった。102㌔級では、公式戦初出場の宗安(商1)も記録を残し、本郷はトータル215㌔で3位入賞となった。大会2日間を終え、団体では3位入賞。有終の美を飾り、今年度最後の大会を終えた。また今大会をもって、4年生は引退となった。
試合後のコメント
池田慶貴主将(社4)「団体の順位はあまり意識していなかったが、それぞれが取れる点数を取ってチーム全員で3位を勝ち取れた。関大や立命大を抑え、何年ぶりかは分からないが、団体戦で表彰台に上がれてうれしい。今大会は全体的に失敗が少なく、トータル0㌔になる選手がいなかったことが、いい結果につながった。昨年で土台をつくり、いい雰囲気で練習を重ねてきたことが良かったと思う。来年度からは、いいところは受け継ぎつつ変えるところは変えて、結果が出せるように頑張ってほしい」
tags:重量挙
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です