【重量挙部】 関西学生1日目が行われる

<写真・C&ジャーク115㌔を成功させた池田>
 12月13日、大阪府はびきのコロセアムにて第67回関西学生ウエイトリフティング選手権大会の1日目が行われた。 
   初日は55・61㌔級と67㌔級の試合が行われ、関学からは公式戦初出場の1年生2人を含む5人が出場した。61㌔級では、脇坂(文2)と公式戦初出場の森田(経1)は、スナッチ、クリーン(C)&ジャークともに2度目の試技までは難なく成功させる。だが、3度目は失敗し、それぞれトータル135㌔とトータル130㌔で終えた。続く67㌔級では、1年生の三宅(文1)がC&ジャークの試技を全て成功させた。また、今試合で調子を上げてきた田口(文3)と池田(社4)も上級生の意地を見せ、自己ベストに挑戦。だが、惜しくも記録更新とはならなかった。
    あすは同会場にて、残りの階級が行われる。
試合後のコメント
池田慶貴主将「きょうは最後の大会ということで力んでしまったのか、得意でないスナッチの1本目がうまくいかなかった。調子が良かっただけに、悔いは残る。だが、C&ジャークは自分が成長したことを示せた。あすは好成績を狙えそうな選手もいる。思い切った試技をして、自己新記録を出してほしい」
tags:重量挙
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です