【スケート部スピード部門】 全日本への切符をあすに託す

<写真・吉田は序盤から積極的にレースに挑んだ>
      
 11月23日、兵庫県神戸市立ポートアイランドスポーツセンターにて第43回全日本選抜ショートトラックスピードスケート選手権大会の1日目が行われた。
 関学からは、吉田(人3)が出場。始めに1500㍍準々決勝が行われた。気温が高く、柔らかい氷となる会場。序盤は2番手につけ、積極的なレースを展開した。だが、終盤追い上げられると最後は4着に。準決勝進出を逃した。続いて行われた500㍍予備予選。5レーンでスタートすると、前方の集団に食い込めず。短いレース時間で巻き返すことはかなわず、4着でフィニッシュした。この結果、予備予選で敗退。両種目とも全日本選手権への出場権獲得とはならなかった。
 あすも、同会場にて大会2日目が行われる。
      
本日の出場者と成績は以下の通り。
[男子1500㍍準々決勝]
吉田啓人 35位
[男子500㍍予備予選]
吉田啓人 38位
       
試合後のコメント
吉田啓人「きょうはあまり良くなかった。昨年の1500㍍で、5、6番手から追い上げて速い人に付いて行こうとしていた。今年はペースが速くなると思い、中盤からスパートをかける選手たちに付いていけるように2、3番手にいるようにした。だが、後ろから出られた時についていけず、離されてしまった。500㍍では外のレーンでスタートの反応も良くなくどう抜かそうか考えていたが、準備が足りず及ばなかった。あすの1000㍍では最初から厳しくなる。とにかく2位以内を狙って、3位のタイムで上位にかかるくらいに入る」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です