【アメリカンフットボール部】 西南学院大戦後の監督・選手コメント

<写真・インターセプトリターンTDを決めた宮城>

試合後のコメント
鳥内秀晃監督「最初から簡単にはいかないと思っていた。ディフェンスは相手に対策され、みんなやられていた。ええ勉強になったんちゃう。(前試合の立命大戦は)ラインが対抗できていなかった。最後は相手の気持ちが上やったな。どこかで去年勝っている油断があったと思う。4年生はまだ変わる兆しがない。どこと戦っても勝たなしょうがない。この試練を越えていかなあかん」
#52DL寺岡芳樹主将(経4)「きょうは内容よりも勝つことが絶対だったので、その中で勝てたことは救い。これだけオフェンスが点を取ってくれたのに、ディフェンスがしんどい状況をつくってしまった。 先週の立命大戦から負けた原因を洗い出し、準備してきたが、まだまだ足りない。あすからまた次に向けて準備したい。とにかく一戦必勝。負けたら引退なので、腹をくくって戦う」
#79OL村田健太副将(社4)「自分たちが弱いというのが率直な感想。立命大に負けて本気でやろうと話し合ってきた。勝つためには全部やる、できていないやつには求める。勝つことを基準に全員が準備してきた1週間だった。だが、難しいことをされていないのにTDを取り切れなかった。今のままなら立命大にはまだ勝てない。ここからやることは変わらない。ベストな行動をして求め合ってやっと勝負になると思う。絶対に勝ちます」
#81WR阿部拓朗副将(社4)「滑り出しから悪かった。試合内容はボロボロ。一戦一戦成長していかなければならないのに、きょうの収穫がないことはマイナス。TD、FGが取れず第1Qを0-0で終えたことがきょうの結果を物語っている。スタートダッシュから得点を取れないことが課題。次戦は引退がかかっている。4年生の意地を見せて、自分たちのやりたいオフェンスをする。まずは次戦勝って、立命大にリベンジしてあっと言わせる」
#51DL大竹泰生副将(商4)「オフェンスが点を取ってくれて勝っただけ。今季最多の26点を取られ、惨敗。立命大戦が終わってやってきたことの甘さが出た。反省を共有してつぶしてきたが生きなかった。次戦勝たなければ立命大に挑む権利がない。4年生は覚悟を見せて、本気の取り組みをしてこの結果を覆せるようにしたい」
今試合2TDを決めた#21RB三宅昴輝(経3)「最後は得点を重ねることができたが、第1クオーターは0点に終わってしまった。オフェンスが最初からTDに持っていけなかったことは反省点。個人的には、OLが道を開けてくれて2TDを決めることができた。でも、ファーストドライブがうまくいかなかったので、改善していかないといけない。次戦の相手はまだわからないが、負けたら終わり。自分がランを出さないと負けるという気持ちで、得点できるように頑張りたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です