【きょうのヒーロー】 サッカー部男子:馬場裕斗

 11月16日、第97回関西学生サッカー後期リーグ戦第7節にて、GK馬場裕斗(社3)が初スタメン出場。危ない場面でもゴールを守り切り、チームを勝利に導いた。関学は大体大と対戦し、2-1で勝利した。

<写真・試合後に仲間の声援に応えた馬場>
-リーグ初出場を終えて、今の気持ちを教えてください。
 「何試合かベンチからも外れて、今季は出られないかもしれないという諦めもありました。その中で、きょうのチャンスをつかめたことはうれしいです。出場が決まった時は、うれしさよりも緊張も大きかったですが、きょうこのような結果で終えられて、うれしさが出てきました」
-ご自身のプレーの満足度はいかがですか。
 「唯一、得点をした後に失点をしてしまったことが反省です。キックの精度ももっと高めていきたいですが、クロスに出たり、シュートを止められたところは満足です」
-きょうはどのようなことを意識されていましたか。
 「きょうは、宏次郎さん(高橋ヘッドコーチ)から、大体大は、シュートをどんどん打つから、シュートを止めることやクロスに出ることを意識するように言われていました。そこだけは絶対にやろうと思っていましたね。シュートを止めることとクロスに出ることは、他の2人のキーパーは持っていない自分の長所だと思うので、これからも伸ばしていきたいです」
-あと1節、そしてインカレに向けて、意気込みをお願いします。
 「今週出られても、来週出られるとは限りません。来週からも、チームでいい練習をして、まずは勝つことを意識していきたいです」
◆馬場裕斗(ばば・ゆうと)1999年1月20日、兵庫県生まれ。兵庫県・加古川北高出身。ポジションはゴールキーパー。趣味はセリエAのインテルの試合をDAZNで見ること。社会学部3年。187㌢、85㌔。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です