【フェンシング部】 女子エペ、岩同がベスト8

<写真・3回戦で1本勝負を制し笑顔を見せる岩同>
 
 11月12日、東京都駒沢オリンピック公園体育館にて、2019年度全日本学生フェンシング選手権大会が行われた。
   2日目のきょうは、男子サーブルと女子エペの個人戦、男子エペのプール戦行われた。関学からは、男子サーブルから2名、女子エペから6名が出場した。予選プール戦を男子サーブルでは市岡(経2)、女子エペでは桑田(理4)、岩同(文3)、大北(人3)、色摩(神3)、長井(法1)が勝ち進み、本戦に出場。市岡と桑田は1回戦で敗退となった。2回戦では、大北とシードで出場した色摩が善戦するも敗北。岩同は2回戦を突破した。3回戦では一本勝負を制し、ベスト8を決めた。続くベスト4を懸けた戦いでは、前田(法大)と対戦。均衡する展開を破り、岩同が一歩リードする。だが、終盤に追い上げられ、最後は一本勝負に。勢いづいた相手を止められず、敗北。ベスト8で今大会を終えた。
   次戦はあす、同会場にて同大会3日目で、男子エペ、女子サーブル個人戦、男女フルーレ団体戦の準決勝までが行われる。
試合後のコメント
ベスト8で大会を終えた岩同ひまわり「悔しい。前回の全日本で予選落ちをしてから、ずっと落ち込んでいた。だが、それは自分と向き合う時間にもなった。たくさん考えた結果、やはり目標の優勝へ向かって練習するしかないと思った。全日本インカレでは優勝を目指しており、どの試合で勝っても負けても悔いが残らないようにしようと思っていた。3回戦までは思い切りできたが、ベスト4を懸けた準々決勝では、自分の甘さが出た。相手に追い上げられてから怖くなり、自分に自信が持てず何もできないまま負けてしまった。まだ団体戦がある。全員で戦って、優勝へ向けて頑張る」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です