【ラグビー部】 摂南大に快勝

<写真・マンオブザマッチに輝いた柴崎>

 11月10日、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場にて2019ムロオ関西大学ラグビーAリーグ戦第5節が行われ、関学は摂南大と対戦。63-19でリーグ3勝目を手にした。

 前節、同大に悔しい敗北。負けられない関学は前半3分にモールからHO竹内(社3)がゴールラインにボールを押し込み、先制に成功。その後もラックを形成し、トライを量産。FW陣も外国人を擁する摂南大の強力なBK陣を封じ込め、流れを関学に引き込んだ。前半を28-5で終えると、後半30分にWTB中(商4)が相手ボールをインターセプトするなど、さらに得点を重ねる。計9トライの猛攻を見せ、63-19で勝利を収めた。

  次戦は11月24日、布引グリーンスタジアムにてリーグ戦第6節が行われ、関学は近大と対戦する。

試合後のコメント

原口浩明主将(人4)「終始自分たちのペースでゲームを支配できた。前節は同大に悔しい負け方をしたが、引きずらずにやれたと思う。きょうはブレイクダウンの部分など、相手の強力なBK陣を封じ込められたのが、勝因。この流れで次も勝利し、選手権出場を決めたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です