【アメリカンフットボール部】 立命大戦後の監督・選手コメント

<写真・今試合チーム初TDを決めた前田公>

試合後のコメント
鳥内秀晃監督「やっぱりあれだけターンオーバーされて、ミスが出たら負けるわな。リードされて点差が気になっとった。1プレー1プレーに集中できてへん。少ないチャンスをものにできる場面はあったけど、それを生かせなかった。幸いまだ試合ができる。泣いている暇なんてない」
#52DL寺岡芳樹主将(経4)「悔しい。相手のテンポのいいオフェンスと気持ちにやられた。こっちは完全に勝ちボケしていた。相手が昨年の1点を取り返しにくるという恐怖をみんな分かっていなかったということ。悔しいけど相手の方が気持ちで上回っていた。ただ、一人一人準備していることは間違っていない。あとはその量と質。落ち込んでいる暇はない。この悔しさを胸に刻み込んで、一戦必勝で戦っていく」
#79OL村田健太副将(社4)「学生圧倒という目標の中、特に立命大を意識してきたが、やってきたことのレベルが低かったと感じた。相手は引退の可能性があり、気持ちの入り方が違った。いつもオフェンスがディフェンスに助けられている。きょうもディフェンスに負荷をかけてしまい、耐え切れなかった。下を向いていても始まらない。この気持ちを忘れず、全員が勝つために本気で取り組みたい。3週間後に必ず立命大にリベンジする」
#81WR阿部拓朗副将(社4)「結局最後に自分たちの甘さが出たということ。オフェンスはターンオーバーされて、ランもパスも全然通らず、ディフェンスに長い時間を与えてしまった。キャッチミスやファンブルなど、絶対にしてはいけないミスも多かった。1球落としただけでそれが負けにつながる。負けたことで、みんなが自分たちの甘さを分かったと思う。この敗北を絶対に次につなげる」
#51DL大竹泰生副将(商4)「悔しい。今までのチームの取り組みが甘かった。フィールドに立っていて、相手の勢いはずっと感じていた。立川選手(立命大)は想像以上にすごかったが、あれを止めないと次も勝てない。ここから厳しい日程だが、それを乗り越えられなかったら立命大に勝てるわけがない。必ずもう一度立命大と戦って倒す」
#3QB奥野耕世(商3)「1年間の僕らの取り組みよりも、立命大の気持ちの方が上回っていた結果。素直に悔しい。相手の反応の速さが想定以上で、ビンゴされてしまった。相手の実力が上だった。でも、まだ終わったわけではないのでポジティブに捉えるしかない。きょうの試合で自分たちの弱いところが見えた。次戦までに改善して、一戦一戦やり切って次は立命大に勝てるように取り組んでいきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です