【重量挙部】 団体9位で終幕

<写真・試合後、選手は笑顔を見せた>
 11月3日、大阪府はびきのコロセアムにて第65回全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権大会2部最終日が行われた。
   最終日のきょうは89㌔級から倉本(法4)、96・102㌔級から本郷(法4)が出場した。89㌔級の倉本は、スナッチでは108㌔、クリーン(C)&ジャークで128㌔を成功させた。それぞれ3度目の試技では自己ベスト更新にチャレンジするも失敗。トータル236㌔となった。96・102㌔級では、本郷が1度目の試技で90㌔に成功させるも、96㌔は挙げられず。C&ジャークでは、110㌔、120㌔に成功。トータル210㌔で終えた。全日程が終了し、関学は総合9位となった。
   次戦は12月13日、同会場にて第67回関西学生ウエイトリフティング選手権大会が行われる。
試合後のコメント
池田慶貴主将(社4)「倉本は新記録にチャレンジできたのが良かった。全体的にいい内容だったと思う。足を痛めていたが、練習では軽い重量を挙げて徐々に本番に合わせてこられていた。本郷もスナッチ、ジャークともに新記録に挑戦できた。調子が悪かった割には、良かったと思う。団体については9位だった。やはり2日目で点を取れるようにならないと、上位に食い込むことが難しいと感じた。次の大会が4年生にとって最後の大会になる。いい形で終われるように、それぞれが結果を残して団体戦につなげたい。最後は成功率を上げて、関西で勝負できるように頑張っていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です