【ボート部】 新人男子エイトが接戦制し優勝!

<写真・試合後写真撮影に応じる新人男子エイトのクルーたち>
 11月3日、加古川市立潜艇センター前特設コースにて第30回関西秋季選手権(加古川レガッタ)3日目が行われた。
     関学からは男子舵手付きフォアAが敗者復活戦、新人女子舵手付きクォドルプルと新人男子エイトが決勝に出場した。男子舵手付きフォアAは、惜しくも2着でゴール。最後まで力強く漕ぎ切った。新人女子舵手付きクォドルプルは、最後まで結果が分からない大接戦に。ゴールまで力強く漕ぎ切り、2着。準優勝に輝いた。新人男子エイトのレースも最後まで決着が分からない接戦に。ゴール間近で一気にギアを上げ、見事1着でゴール。悲願の優勝を勝ち取った。
 新チームの初陣となった今大会は、2つのメダルを獲得し閉幕となった。
[結果の詳細]
・順位決定戦
◎男子舵手つきフォアA
COX 澤(法2)
S 三原(商2)
3 早川(法2)
2 岡本(法2)
B 角田(法2)
4艇中2着 6分22秒33
◎新人女子クォドルプル
COX 花熊(社3)S 宇佐川(教1)3 濱名(法1)2 重本(社3)B 荻野(経1)
4艇中2着 6分57秒26
→準優勝
◎新人男子エイト
C宮城(教3)S 越智(経4)7 長野(商3)6 田中(神1)5 林(商1)4 大竹(経1)3 森(社1)2 清水(文1)B竹本(理1)
4艇中1着 5分33秒76
→優勝
試合後のコメント
武中絢太郎主将(経3)「エイトが優勝してくれて本当にうれしい。新人たちはこの大会を目指してやってきた。女子クォドもメダルを獲得してくれて良かったと思う。この加古川レガッタは、新人がメインの大会。結果を残せて、新チームの初陣としていい滑り出しになった。これから冬季練習に入る。ウエイトにも力を入れて、体重増加を図りたい。今チームの目標は、関西制覇とインカレで最終日まで残ること。そのために、まずは5月の朝日レガッタで今大会の結果を上回れるように頑張っていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です