【重量挙部】 全日本インカレ2日目、松本と宇崎が飛躍

<写真・松本は3度目の試技で118㌔を成功させた>
 11月2日、大阪府はびきのコロセアムにて第65回全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権大会2部2日目が行われた。
   2日目のきょうは73㌔級から松本(法3)と小畑(経4)、81㌔級から堀田(経3)と宇崎(法2)が出場した。午前に行われた73㌔級では、松本が記録を伸ばした。スナッチでは3度目の試技で90㌔に成功。続くクリーン(C)&ジャークでは3回全ての試技を成功させた。トータル208㌔となり、春よりも13㌔記録を伸ばした。続く小畑も練習できていない時間が続く中、半分の試技を成功させた。トータル211㌔で調子の良さを見せた。81㌔級では、堀田が振るわず。スナッチで100㌔に成功後、107㌔に挑戦するも失敗。C&ジャークでは2度目以降の試技に失敗し、トータル220㌔で終えた。期待の懸かる宇崎は、スナッチはまさかの98㌔で終えるも、C&ジャークでばん回。2度とも成功させると、3度目の試技では128㌔から10㌔アップの138㌔に挑戦した。見事成功させ、トータル236㌔で終えた。
   次戦はあす、同会場にて同大会の最終日が行われる。
試合後のコメント
池田慶貴主将(社4)「73㌔級は、総じて良かったと感じる。松本は自己新記録を更新できたので良かった。あまり練習ができていなかった小畑も、練習で触っていない101㌔を惜しいところまで挙げられていた。12月に向けて、いい形を見せてくれた。81㌔級では、宇崎が、スナッチは1本しか成功しない中、ジャークで切り替えて3本取れておりさすがだと感じた。堀田は荒削りな部分が多く出た。実力者が多い階級だが、メンタルや経験などそれぞれ足りていない部分を埋めていく必要がある。いずれにせよ集中力は欠かせない。練習の気の緩みが本番に出るので、気を引き締めていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です