【相撲部】結果残せず、インカレ1日目終了

<写真・関学勢最高成績を収めた仁木>

 11月2日、堺市大浜公園相撲場にて第97回全国学生相撲選手権大会が開幕し、1日目は個人戦が行われた。関学からは大川(文3)、仁木(経3)、松永(商3)、遠藤(文3)、田中(教2)の5名が出場。昨年度、優秀32選手入りを逃し、悔しい結果に終わった関学。だが、全国体重別優勝者の田中が2回戦敗退など、4名が2回戦までに敗北。唯一3回戦に進出を決めた仁木も敗れ、昨年度と続き3回戦で敗北となった。

  次戦はあす、同会場にて団体戦が行われる。

[試合結果]

・3回戦敗退

仁木

・2回戦敗退

大川、遠藤、田中

・1回戦敗退

松永

試合後のコメント

福井佑二朗主将(人3)「関東のAクラスの力に屈する悔しい結果となってしまった。フィジカルの差が出てしまったと思う。あすの団体戦ではまずBクラスで優勝して、Aクラスで相撲を取りたい。自分たちの力を出し切れば達成できる目標なので、必ず勝ち取りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です