【ヨット部】 全日本インカレ2日目は1レースも消化できず

<写真・きのうの2レース目で首位を取った藤原(奥)・畑山組>
 11月2日、兵庫県新西宮ヨットハーバーにて第84回全日本学生ヨット選手権大会2日目が行われた。
 1日目を総合9位で終えた関学。何とかして1位の日大と差を縮めたいところだが、2日目の朝は無風のため陸上待機に。1時間遅れでD旗が掲揚され、両級ともに3艇ずつ出艇。だが、風が安定せずレースの途中でN旗が掲揚され、ノーレース扱いとなった。その後も海上で待機し、待つこと約3時間半。14時55分にAPA旗が掲揚され、本日のレースは中止に。1レースも消化できず3日目を迎えることとなった。
 次戦はあす、 同会場にて同大会3日日が行われる。
【暫定順位】
・470級
1位 日大 33点
2位 早大 130点
3位 関大 122点
11位 関学 210点
・スナイプ級
1位 早大 67点
2位 同大 133点
3位 京大 141点
8位 関学 177点
・総合
1位 日大 182点
2位 早大 197点
3位 慶大 251点
9位 関学 387点
試合後のコメント
畑山惣一郎主将(経4)「全日本インカレに向けて、組織力にこだわってきた。今まではレース展開に翻弄(ほんろう)されたり、自分たちのやっていることが違うのではないかと迷うこともあった。だが、それでも全員で進み続けて、日本一の組織と自分たちで誇りを持つことができるチームになった思う。だからこそ、結果という確実なものに結び付けたい。1日目は入りが悪く、他校と点差が開いてしまった。だが、きちんと反省点を修正し、きょうは途中までだったが前を走ることができていたと思う。チャンスは必ずやってくる。そのため、自分たちが勝ちたいとい気持ちを切らしてはいけない。自分たちのできることを徹底して、チームで勝つ」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です