【剣道部男子】 強豪校相手に食らいつくも、全日本1回戦敗退

<写真・試合後、記念撮影をする選手たち>
 10月27日、千葉ポートアリーナにて第67回全日本学生剣道優勝大会が行われた。
   1回戦では強豪、筑波大と対戦。先鋒の竹嶋(商2)は相手の勢いにのまれ、2本負け。次鋒の秋山(教2)が1本勝ちし、相手ペースになるのを防いだ。だが、続く上野(文3)は2本負け、松井(文4)は1本負けと次々と敗北し、1勝3敗で迎えた繁田(社2)。なんとか1勝をつかみたかったが、2本負け。この時点で敗北が決まった。さらに副将の中塚(社4)も敗北。大将の富松(法4)はなんとか引き分けまで粘るも、あと1本取れず。1勝5敗1分で無念の1回戦敗退となった。
   なお、今試合をもって4年生の男子は引退となる。
本日の試合結果
・1回戦 対筑波大
竹嶋 2本負け
秋山 1本勝ち
上野 2本負け
松井 1本負け
繁田 2本負け
中塚 1本負け
富松 引き分け
試合後のコメント
富松智郎主将「強豪校を相手に実力差を完全に感じた試合。すごく強かった。できるだけ少ない差で勝負しようと作戦を立てていたが、2本負けしてしまったりと、流れを持っていかれた。自分が最後に戦ったのは高校の同期で、やれてうれしかった。悔しいという思いより、みんなで楽しく終われて良かったと思う。後輩には、これから厳しい時期に入ると思うが、めげずに頑張ってほしい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です