【アメリカンフットボール部】 関大戦後の監督・選手コメント

<写真・第4Qにダメ押しTDを決めた鶴留>
試合後のコメント
鳥内秀晃監督「もともと接戦になることは分かっていた。最後は相手のディフェンスに慣れてきたんやろな。ディフェンスが緊張感を持って守って、最後によく点を取ってくれた。2位になったら1週間ごとに試合がある。絶対に1位通過したい」
#52DL寺岡芳樹主将(経4)「正直、ディフェンスをやっていて負ける気はしなかった。いいリズムで抑えられていたと思う。オフェンスは、序盤から、TDが取れずに苦しんだが、粘り強く点を取ってくれた。ただ、きょうの勝利で状況が変わったわけではない。立命大戦で負けたら2位通過になってしまう。より一層気持ちを入れて、絶対に勝つ」
第4Qに勝ち越しTDを決めた#81WR阿部拓朗副将(社4)「みんなでドライブして取れたTDなので、みんなにありがとうと言いたい。何より、#3QB奥野が最後に自分を信頼してパスしてくれたことがうれしかった。次は立命大戦。勝つしかない。昨年はTDを決めているので、今年も結果を残したい」
#79OL村田健太副将(社4)「相手の攻撃がうまくいっていたら、負けていたかもしれない試合。ランを通せなかったり、短いヤードを取り切れなかったりと、ミスが目立った。立命大は意識する相手。向こうも自分たちを意識しているだろう。次節は、お互いが今までやってきたことのぶつけ合いとなる。今ある課題は全てつぶして、ベストの状態で試合に臨む」
#51DL大竹泰生副将(商4)「厳しい展開は予想していたが、勝つことができて良かった。ディフェンスは完封を目標としていたため、3点取られたことは反省点。どれだけ苦しい場面となっても、抑え切らなければならない。それができなければ次節で勝つことはできないだろう。後がない状況の立命大。最大のライバルは、どんどん迫ってきている。ここからしっかりとネジを締めて、頑張っていきたい」
#45DB畑中皓貴副将(経4)「きょうの試合は今季の大一番だったと思う。勝てたのは良かったが、オフェンスには課題が残った。ディフェンスも耐える時間が長く、しんどい展開となり、ミスが出てしまった。完封できず悔しい。いつでも完封できる状態のチームを、次戦までのあと2週間でつくっていかなければいけない。次戦の立命大戦は、1年間目指してきた相手。2週間で急にうまくなることも、実力が上がることもない。意識を細かく変えて、強い相手だが完封勝利する」
ダメ押しのTDを決めた#39RB鶴留輝斗(経3)「これまでの試合ではギリギリのところでTDに届かず、悔しい思いをしていた。まさかこんなビッグゲームで自分にチャンスが回ってくるとは思わなかったので、TDできて素直にうれしかった。ボールが回ってきて、思い切り走ったら取れたという感じ。今まで立命大戦にはほぼ出場していない。去年は空気に圧倒されてしまっていたが、次節では強いDLを相手に自分がどこまで通用するのか楽しみ。この2週間で直すところはしっかり直して臨みたい」
#3QB奥野耕世(商3)「接戦になることは想定していた。きょうはターンオーバーがなかったので、そこは良かったと思う。先制した後、すぐに3点を返されたが、あのシリーズはTDされて3-7になることを想定していたので、そこまでプレッシャーにはならなかった。オフェンスは全体的に良くなってきている。立命大のディフェンスはみんなスピードがあるので、やるべきことを詰め切って臨みたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です