【卓球部】全日学、格上相手に食らいつくも4回戦で全員敗退

<写真・4回戦進出した楊>

    10月26日、島津アリーナ京都にて第86回全日本学生卓球選手権大会(個人の部)2日目が行われ、男女シングルス4回戦までが行われた。
   男子は3人が2回戦に出場。大西尚(商3)、楊(経2)が3回戦に進出。楊が3-2で接戦をものにし、勝利。4回戦では格上相手に食らいついたが、及ばなかった。
 女子は4人が2回戦に出場。村田(文1)と小脇(社3)が勝利し、3回戦に進出。村田が中央大の相手との接戦をものにした。4回戦では東洋大の相手に苦戦を強いられ、敗北。惜しくもランキング入りとはならなかった。この結果により全てのメンバーが4回戦までで敗退となった。
試合結果 
女子シングルス2回戦
竹田(国2)★1-3
村田☆3-1
宮脇(国4)★0-3
小脇☆3-1
男子シングルス2回戦
重村★2-3
大西尚(商3)☆3-1
楊☆3-2
女子シングルス3回戦
小脇★1-3
村田☆3-2
男子シングルス3回戦
大西尚★1-3
楊☆3-2
女子シングルス4回戦
村田★1-4
男子シングルス4回戦
楊★0-4
試合後のコメント
楊奇真「今大会の結果は自分的にはいい方だと思う。今まで、全国大会ではなかなか勝てなかったが、勝てるようになってきた。しかし、あと1勝でランキング入りだったので、あと1勝できる選手にならないといけない。格上に勝てるように努力したい。4回戦の相手は全日本インカレ団体戦優勝校のレギュラーメンバーで、どれだけできるかなと思いながら臨んだ。相手はミスがなく、自分のミスだけで負けた。完敗だったので撮った動画を見て研究したい」
村田咲紀「目標は最終日まで残ることだったので、悔しい。4回戦の相手は勝てない相手ではなかった。一度やったことがある相手で、対策をしてきたが、戦術を変えてきて対応し切れなかった。今大会の中で、競った試合で流れを持ってこられた点は収穫。課題はサイドに振られたときのフットワークの弱さ。次の西日本大会は今大会での反省を生かして勝ちたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です