【硬式野球部】 激しい投手戦を制せず関大に勝ち点落とし、4年生は引退

<写真・試合後、記念撮影をする選手たち>
   
 10月21日、わかさスタジアム京都にて令和元年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第8節(対関大第3戦)が行われた。
   関学の先発は石丸(商3)。初回に2本連続安打を浴びる。さらに自らの暴投で1死二三塁のピンチを招くも、その後は二者連続三振で切り抜けた。9回を投げ、11奪三振、被安打3の大健闘。関大打線を封じた。継投したのは原(経3)。10回から12回まで全て三者凡退に抑える好投を見せた。続く13回、マウンドに立ったのは金和(経2)。四球や失策により、四者連続で出塁を許し、一挙に4点を失った。これ以上の失点は避けたい関学。続いて投げたのは小田(経4)。最後の打者を4球で打ち取った。一方の打撃は、4回まで四球と死球以外での出塁はなし。5回に佐藤(国1)、7回に前原(社4)、8回に杉園(経2)が安打を放つも無得点。苦しい時間が続いた。好機が訪れたのは9回だった。中内(経4)が安打で出塁。続く野口(社3)は内野ゴロに倒れたが、前原が申告敬遠され、1死一二塁に。だが、代打三谷(経4)、多木(法4)が連続でフライに倒れ、またも得点ならず。延長12回、きのう大活躍を見せた藏本(経4)が安打で出塁するも、打線はつながらなかった。4点を失い迎えた13回。先頭打者の杉園が三塁打を放つと、林(経4)の安打が適時打となり、1点を返した。逆転を図りたい関学。続く中内は三振に倒れたが、野口が安打を放ち、望みをつなげる。1死一二塁で打席には前原。だが最後は併殺に倒れ、逆転は叶わなかった。これにより、関大に勝ち点を落とし、最下位でリーグ戦は終幕。本日をもって、4年生は引退となった。
【関大】定本、○池本、鷲尾、港ー久保田
【関学】石丸、原、⚫︎金和、小田ー佐藤、板倉(教4)
試合後のコメント
中内理貴主将「今リーグ戦は、点を取ることができなかった。きょうは優勝の可能性が残っている関大に、気持ちで負けてしまったと思う。きょう勝てばまだ試合ができたので、勝ちたかった。でも、後輩たちも頑張ってくれて、勝ちたい気持ちを最後まで持ち続けることができたので、悔いはない。勝てるチームにできず、最下位になってしまったのは悔しい。どれだけ練習して、組織としていいチームになっても、結果が出なければ報われない。後輩たちには、この結果を受け止めて頑張ってほしい。主将として1年やってきて、250人をまとめる難しさを感じた。でも、明るく楽しい同期や後輩たちのおかげでやってこれた。感謝している。後輩たちは、勝つことの難しさは分かっていると思う。死に物狂いで戦い抜いて、結果を残してほしい。応援しています」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です