【バレーボール部男子】 大体大戦を制し、1部残留で秋季リーグ戦終幕

<写真・勝利の喜びを分かち合う選手たち>
 10月20日、近畿大学記念会館にて2019年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ最終戦が行われた。関学は大体大と対戦し、セットカウント3-1で勝利した。
   1部リーグ11位で迎えた秋季リーグ最終戦。下位リーグ暫定1位の大体大と対戦した。第1セットではOP岸本(国3)の攻撃から先制し、良い流れを生み出した。しかし続かず、19-25で第1セットを落とした。巻き返したい第2セットでは、一進一退の攻防が続く。だがWS瀧川(人1)の連続得点から流れは関学に。脇谷(理1)が得意のサーブから得点を決め、勢いをそのままに、25-23でセットを奪取した。続く第3セットでも流れは関学にあった。一挙3点を先制し、リードを続ける。終始相手を寄せ付けず、25-19でセットを連取。何としても勝利をつかみたい第4セットでは、序盤から勝機を見出した。岸本、WS樫本(教2)らの攻撃が光り、リードを続ける。しかしミスが重なり同点に。そこからは両者譲らぬシーソーゲームとなり、暗雲が立ち込める。粘りのゲーム展開でデュースにもつれ込むと、最後は瀧川のアタックで得点。26-24でゲームは終了し、セットカウント3-1で大体大に勝利した。また、同日の第3試合で、勝敗数で並んでいた京産大が甲南大に敗北したため、関学は12校中10位に。1部残留を決めた。
試合後のコメント
中川礼生主将(人4)「結果次第では2部降格もあり得るという追い込まれた状況だったが、全員がよく声を出していつも以上に走ってくれた。課題である守備力はまだ甘いが、ブロック、レシーブからの得点が多く、良かったと思う。また、下級生の提案を取り入れ、アップの形を変えた。そこも今試合の結果につながったと思う。ミーティングを重ね、チームの雰囲気も良くなってきている。プレーの面でも課題はたくさんあるが、少しずつでも克服していけたら。今後も関学らしいバレーを見せていこうと思う」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です